TRATTORIA AMMAZZA

トラットリア アマッザ

「美桜鶏とラルドの白ソーセージとキャベツのピクルス」

アマッザの思い

アマッザはシェフの生まれ育った平井に美味しい料理を届けたいとの思いで開店しました。お店を続けて行く中で沢山の勉強をさせていただきました。

特に大きかったのは様々な生産者や業者の方たちとの出会いです。養鶏場からは生みたての卵最高の卵が届いたり。産地直送のおいしい野菜など、イタリアからも日本に初めて入ってくる希少な食材などが手に入るようになりました。

上手に料理を作るだけでは届かない世界があります。

お金を払っても手に入らないものがあります。

人とのつながりこそ料理人の資産なのだと胸に刻み、その思いを皿の上で表現したいと日々思っています。

 

アマッザの料理

アマッザでは既製品をなるべく使わず、自家製で作る事にしています。

料理のベースはイタリア中部のトスカーナ料理です。

普通イタリア料理で使わない日本の食材も沢山使います。

日本の水で調理するなら日本で育った食材が一番いいと思うからです。

せっかく農家さんとお付き合いしても使う野菜が限られてしまったら悲しいなと思うのです。

パスタも日本の水で茹でると一番おいしいように粉から選んでいます。

美味しい食材との出会いを無駄にしないよう。

お皿の上でイタリア料理らしくなるよう心がけています。

 

 

肉アマッザ

イタリアンと言えばパスタとピザ!と思っていませんか?

いえいえ

肉料理抜きにイタリア料理は語れません。

寒い季節の狩猟肉、仔牛肉や子豚の丸焼きや子羊、鴨にウサギに鹿に猪、雷鳥や鳩に鶉

そして内蔵料理

とにかく肉なのです。

 

アマッザでも熟成した美味しい子羊やフォアグラを取り出した鴨、柔らかい仔牛肉など肉料理をお勧めしています。

 

アマッザと言えば肉なのです。