二時間かけて10人前しか作れない、コシの強い低加水パスタフレスカ

低加水パスタフレスカとはその名の通り水分の少ないパスタです。

水分が少ないパスタ生地は非常に硬いので人間の手ではこねる事すら不可能です。

その硬い生地を強力な圧力で押し出す専用のパスタマシンで作るのが低加水パスタフレスカです。

さらに打った後に一晩熟成をかけるため、とても長い時間をかけて仕上げていきます。

生パスタとは思えないコシの強さに、生パスタだと信じてもらえない方もいるほどです。

 

そんなアマッザの低加水パスタフレスカは5種類

基本となるどんなソースとも合わせられるスパゲティー

ひだのついた付いた王族のドレスの異名を持つ「レジネッテ」

自家製という意味のS字の断面のショートパスタ「カサレッチェ」

煮込み料理と相性の良い、地方によって呼び名が変わる極太の「ビゴッリ」

ボロネーゼや娼婦風との組み合わせで長年愛させ続けるストロー状の穴あきロングパスタ「ブカティーニ」

 

スパゲティーはいつでも、その他の4種は日替わりで登場します。

食べてみたいパスタの形は予約いただければ対応可能です。